製品情報

土木資材

可とう矢板

フレックスパイル®

特長

  1. 優れた変位性能
  2. 優れた耐久性
  3. 優れた水密性
  4. 豊富な品種
河川堤防を横断して設置される取水、排水樋門は鋼矢板遮水壁を幅広く打設すると共にコンクリート遮水壁及び胸壁部と鋼矢板遮水壁との間に、堤防の不等沈下などの変位吸収と負の周面摩擦力の影響を遮断する目的で鋼矢板用可撓継手を設けるよう構造基準が定められています。

品種

FP型 建設省(現国土交通省)、新日本製鐵㈱(現日本製鉄㈱)と共同開発。
100mm沈下用から500mm沈下用まで品種が豊富で、樋門、水門工事に多数実績があります。
FP-Z型 河川の安全を守るだけでなく、工事のコスト縮減に貢献できる新型の鋼矢板用可撓継手です。
国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)から優良技術の事後評価を受けました。
FP-ZH型 ハット型鋼矢板に対応できる鋼矢板用可撓継手で、FP-Z型の技術を応用し開発されました。
FP-H型 柔構造樋門用に開発された鋼矢板用可撓継手で、樋門下鋼矢板遮水工と樋門本体の沈下の双方に対処して遮水を行う事ができます。
FP-G型 河川改修における護岸工に鋼矢板を用いる場合に活躍する護岸専用の鋼矢板用可撓継手です。

製品写真

FP-Z型

FP-Z型

FP-ZH型(ハット形鋼矢板用)

FP-ZH型(ハット形鋼矢板用)

FP-H型

FP-H型

FP-G型(護岸用)

FP-G型(護岸用)
土木資材のより詳しい資料をご希望の方はこちらのフォームからご入力ください。郵送にてお送りいたします。
本製品の詳細情報をダウンロードご希望の方はこちらからダウンロードページへお進みください。

ページトップ